クレンジングで美肌をつくる[ スキンケアの基礎知識Vol.3 ]

クレンジング手順

クレンジング(メイク落とし)と洗顔の違いは、洗顔の基礎知識でご紹介したとおりです。
(クレンジングと洗顔の違いについてはこちらをご覧ください。)

クレンジングの目的は、肌に負担をかけずに洗顔では落としにくいメイク汚れをきちんと落とすことにあります。

メイク化粧品は主に粉体と油剤からできており、汗や皮脂でくずれないような特殊な工夫や、肌を美しく見せることが求められています。その為、多くの化粧品は油性の基剤により顔料などを肌表面に密着させています。 その為、普通の洗顔料では落としにくく、化粧品の油分を溶かし落とすために、専用のクレンジング剤が用いられています。

メイク化粧品は肌に多かれ少なかれ負担を与えています。メイクの濃い薄いに限らず、UVケアのみであっても、必ずクレンジングを行うよう心掛けて下さい。
※UVケア製品にも油分が含まれています。

目 次
☆ クレンジング剤の種類を知る
☆ 正しいクレンジングの知識を身に付ける
☆ 正しいクレンジングの手順で美肌になる!
☆ まとめ

 

☆ クレンジング剤の種類を知る

まずは、クレンジング剤(メイク落とし剤)にはどんなタイプがあるのか。そして、そのタイプはどのような特徴があるのかなどを知り、自分の肌状況や生活シーン、使う場所に合わせて選んでください。

種類特 徴
オイルタイプ・しっかりメイクを落とす
・肌へのなじみがよく、落ちにくいメイクも素早く落とす高い洗浄力が特徴。
※ウォータープルーフタイプのアイライナーやマスカラを使った場合は、油で汚れを溶かして落とす、オイルタイプがおすすめです。
・細かいところにもなじみやすく、重ねづけしたマスカラなどの落としにくいメイクもしっかり落とせます。
リキッドタイプ・みずみずしい使い心地でメイクを落とす
※オイルの油っぽさが苦手という人におすすめです。ウォーターベースなのでべたつかず、さっぱりと洗い流すことができます。
・落としにくいマスカラを落とせるものもあります。
ミルクタイプ・肌にやさしい使い心地でゆっくりなじませながら落とす
・さらりとした使い心地で皮脂を落とし過ぎず、しっとりとした仕上がりなのが特徴。
・洗浄力はやや弱めですが、肌への負担が少ないので、メイクの薄い人や乾燥肌・敏感肌の人に特に適しています。
ジェル・クリームタイプ・肌にやさしい使い心地でゆっくりなじませながら落とす
・ジェルタイプは弾力性があるので、肌への摩擦が軽減できるのが特徴。
・クリームタイプはしっとりした洗い上がりとなるようにつくられています。
メイク落とし+洗顔兼用タイプ・メイク落としも洗顔も一度に済ませる
・ペースト状やミルクタイプで、泡立ててから使用するようにつくられています。
また、容器から泡で出てくるメイク落としもあるので、手早く落としたいときに便利です。
拭き取りシートタイプ・お部屋で手軽に落とす
・シートタイプは、時間や場所を選ばずにメイク落としができるので、帰宅後にすぐに落としたいときや、外出先で落としたいときにも便利です。
・オイル成分入りでウォータープルーフマスカラまで落とせる製品もあるので、落としたいメイクにあわせて選びましょう。

※使用方法や使用量は、メイク落としのタイプや製品によって異なりますので、製品に記載されている使用方法をよく読んで使いましょう。

 

☆ 正しいクレンジングの知識を身に付ける

クレンジングの使命は、「メイク汚れを落としやすいようにしっかりと浮かせること」。
そのため、メイクがもっともべったりと広範囲についている頬からつけて、その後にあごやTゾーンにつけていくのが正解です。

できれば、アイメイクや口紅などは先にリムーバーで落としておきましょう。
これらの濃いポイントメイクまで全部クレンジングで落とそうとすると、その周辺にある「メイクの薄い肌」には負担がかかってしまいます。

どのようなタイプのクレンジング剤でも、大切なのは、クレンジング剤をメイクになじませながらふやかせて落とすようにすることです。クレンジング剤の力で肌から化粧が浮かぶまでくるくるとやさしくなじませ、けっして指先やメイク落としシートなどで、こすって落とそうとしないことが大切です。

 

☆ 正しいクレンジングの手順で美肌になる!

ここでは、クレンジング剤の中でも洗浄力No.1であるクレンジングオイルを例に、洗い流すタイプのメイク落としの使い方を例に挙げてご紹介します。

クレンジングのポイント
・人差し指と中指をうまく使って、細かいところも丁寧になじませる
・皮脂の多い部分はしっかりと、皮膚の弱い部分は手早くクレンジング
・ぬるま湯を使って、毛穴を開いておとすこと。
・髪の生え際。フェイスライン、耳の周り等の洗い残しには注意。
・同じく、流し残しにも注意。
・流した後の拭き取りもタオルで吸い取るように、こすってはいけません。
以上を注意しながら、下記の手順でクレンジングを行ってください。

 

正しいクレンジングのやり方

クレンジング手順step1
ますは、手を洗って下さい。手は意外と汚れているものです。
汚れやバイ菌はしっかりと落としてから、クレンジングに移ることで肌トラブルを防ぎます。

step2
乾いた手のひらにクレンジング剤を適量を出します。
クレンジングオイルは濡れた手では使えないものが多いので、手を洗った後はしっかりと水気を取っておきましょう。

step3
アイメイク部分を除き、乾いた顔全体に伸ばします。
1番初めにアイメイクを落とし、その後その手のまま他の部分に移動してしまうと、アイライナーやマスカラなどの黒っぽい化粧品の色を顔全体に伸ばす事になり、色素沈着を起こしてくすみの原因にもなります。

アイメイクアップ(ポイントメイク)や口紅などは先にリムーバーを使って、別途落としておかれる事をおススメします。

step4
次に、クレンジングオイルをメイクや汚れとなじませます。
クレンジングオイルはクレンジング材の中でも洗浄力No.1です。
強い洗浄力のクレンジングオイルでマッサージでもするように長くなじませていると、肌にとって必要な保湿成分や油分まで取りすぎてしまい、乾燥を招く原因になってしまい、シワの原因にも繋がってきます。

step5
目元周りはリンパに沿って、外に向かってクレンジングしていくようにしてください。

step6
次に、手に残ったクレンジングオイルを乳化させます。
メイクを落とす場合、顔全体&アイメイクにクレンジングオイルをなじませた後、手に残ったクレンジングオイルを一気に洗い流してしまうのではなく、手にクレンジングオイルが残ったままの状態で、1度さっと手を濡らします。

手に残ったクレンジングオイルを乳化させて、その手でメイクになじませたクレンジングオイルを徐々に乳化していきます。

※乳化とは
クレンジングオイルに水を垂らすと、クレンジングオイルが乳白色になる現象。

step7
step6の状態で、手で顔全体のクレンジングオイルを乳化させます。

step8
step7を2・3回繰り返します。
乳化を何度か繰り返し、徐々にクレンジングオイルの濃度を薄くしていきます。

step9
ぬるま湯でしっかりと洗い流します。温かいお湯だと顔の乾燥を招く可能性があるで、32度~33度くらいのぬるま湯を使うのがベストです。
クレンジングの洗い流しは、最低でも20回ぐらい流しましょう。

また、洗い流しは、髪の生え際やフェイスラインは特に洗い流しを忘れてしまうところなので、途中で鏡でチェックしながら洗い流します。

 

☆ まとめ

クレンジングの後の汚れもしっかりと落とす、洗顔の基礎知識でご紹介した洗顔方法や流した後の毛穴を引き締める冷水でのパッティングといった方法もあります。
肌の状態に合わせて、毎日ではなくてもこういった方法を取り入れてみることで、肌の心地よい刺激にもなります。

また、日中に受けた肌のダメージを回復させ、美しい素肌を保つためにも、その日の汚れはその日のうちに取り除き、肌をクリアな状態に導くことが大切です。

しかし、不十分なクレンジングは毛穴を詰まらせ、さまざまな肌トラブルの引き金になることもあります。
さらに、肌に合わないクレンジング剤の使用や、不適切な使用方法によっては慢性的な肌トラブルの原因となるので注意が必要です。

尚、化粧品のなかには、ファンデーション不要の化粧下地やプレストパウダー、ルースパウダー、チークなどがありますが、それらの化粧品でメイクされている場合は、クレンジング剤を使うとかえって肌を痛めてしまうことがあります。 洗顔フォームや洗顔石鹸などの泡立つ洗顔料だけで洗い流せば大丈夫です。

 

☆ 肌を保湿&清潔にキープしながらクレンジング♪
  “ジャムウ・クレンジングクリーム

ジャムウ・クレンジングクリーム

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA