唇をケアし、モテモテの「自然なピンク色のプルプル唇」を作ろう!

モテモテの唇

唇は女性の魅力度UPのためには欠かすことのできない部位ですし、魅力的な唇はそれだけでもモテ要素になります。まずは、魅力的な唇をつくるために、下地である”スッピン唇”の作りましょう。モテモテの「自然なピンク色のプルプル唇」を作り、多くの男たちにキスしたくなる唇を作って魅了してください!

「モテモテのプルプル唇」を作るには、まずは唇のケアが大切です。唇のケアをするためには、唇のことを良く知っておくことが必要になります。
・・・と言うことで、唇について基本的な事やを知識として持っておくと、後々唇のトラブルにも対応ができると思いますので、面倒でしょうが「唇の構造」や「縦ジワ」なども知っておくと何かと役立つのではと思います。

さて、モテ要素である魅力的な唇を作るには、まずは下地である「スッピン唇」を作ることから始めます。

「スッピン唇」ができたら、あとは簡単にモテモテ唇を作ることができます。
モテモテの「自然なピンク色のプルプル唇」でキスしたくなる唇を作り、多くの男たちを魅了してください!

目 次
☆ 唇の構造
☆ 唇の縦ジワ
☆ 魅力的な唇をつくる
☆ 自然なピンク色のプルプル唇メイク法
☆ まとめ

 

☆ 唇の構造

唇の毛細血管には2種類があり、一つは、唇表面と平行に長く走る縦走状の毛細血管。もう一つは、ループ状で表面からは点のように見える点状の毛細血管があります。点状の毛細血管より血管の面積が広い縦走状の毛細血管が多い唇のほうが、赤みが増して見えるます。

また、2種類の毛細血管の割合は個人差によるところが大きいものの、点状の毛細血管は20代より40代のほうが多く見られ、加齢の影響で増加する可能性があります。

唇は顔の他の皮膚とは異なり粘膜に近い構造です。角質層も極めて薄く水分を保持する能力もありません。さらに、皮脂腺や汗腺がないため皮脂膜が形成されず、水分が蒸発しやすく、乾燥しやすいのが特徴です。

また、唇にはメラニン色素が存在しないため、紫外線による影響をダイレクトに受けやすく、トラブルが表面化しやすい場所でもあります。

しかし、唇のターンオーバーは一週間程度と他の皮膚に比べると早めであるため、ダメージも回復しやすいので、日頃からのこまめな手入れが美しい唇を保つカギとなります。

 

☆ 唇の縦ジワ

乾燥する季節、唇もカサカサになってしまうことがあると思います。唇は肌と違って皮脂が分泌されることもないし、汗も出ることもなく、とても乾燥しやすいところです。しかも、角質がとても薄いので、ちょっとした乾燥でもダメージを受けやすい場所でもあります。

目じりのシワやほうれい線ばかり気をとられて忘れがちですが、鏡をのぞいて見ると無数の縦シワが…なんてことありませんか。

唇はとても繊細なので、老化が最初に現れやすい顔のパーツのひとつです。深くて無数の縦シワは、かなり老化がはじまってきている証拠です。唇のシワは消すのがとても難しい場所です。

 

○ 唇のシワの原因

唇にシワができる主な要因としては、
・老化
私たちは歳をとると、コラーゲンの生産がどんどん減っていきます。
そのため、皮膚と唇が薄くなっていきシワができます。
・乾燥
乾燥した唇は、油分と水分のレベルが低いので、簡単に伸縮性を失ってしまいます。
・紫外線
紫外線は、天然のコラーゲンを破壊し、唇に縦シワを作り出します。
・唇周りの肌の動き
飲み物を口をすぼめて飲むと、唇にシワができる原因になります。
・喫煙
喫煙は、肌にダメージを与え肌の老化を早めます。また、煙とニコチンは肌から水分を奪います。
などがあげられます。

 

○ 縦ジワ予防法

・保湿
乾燥や荒れた唇を防ぐために、唇に潤いを与えましょう。
リップラインも忘れず保湿します。リップクリームやワセリンがおすすめです。
・UVケア
外に出かける時は、SPF15以上のリップクリームを使って下さい。
・角質ケア
古い角質が残っていると血色の悪い唇になり、シワが目立ちやすくなります。
リップスクラブなどを使い古い角質を除去した後、温かいお湯で洗い流しリップクリーム塗ってください。
・水分ケア
水をたくさん飲みましょう。水分を含んだ皮膚はシワを作りにくくします。
唇は非常にデリケートな構造にも関わらず、日常生活において常に刺激を受けやすい場所です。トラブルの発生を防ぐためにも、唇も肌と同じように意識的にケアすることが大切です。

特に冬場は荒れやカサつきを引き起こしがち。乾燥によるトラブルを予防するためには、こまめな保湿が効果的です。

また、メイク汚れの洗い残しは色素沈着を招き、シミやくすみの原因となります。力を入れずにやさしいクレンジングを習慣づけましょう。

 

☆ 魅力的な唇をつくる

唇は女性の魅力度UPのためには欠かすことのできない部位ですし、魅力的な唇はそれだけでもモテ要素になります。

また、唇のみずみずしさ、プルプルした感じは若さを感じさせセクシーに見せます。

まずは、魅力的なプルプルした「スッピン唇の作り方」をご紹介します。その後、「ピンク色のプルプル唇メイク法」を紹介します
ここでは、魅力的な唇に見せる術を紹介します。

まずは、「スッピン唇の作り方」を、その後「ピンク色のプルプル唇メイク法」を紹介します。

 

○ スッピン唇の作り方

・唇の血行をよくする
唇の色を決めているのは血の色です。唇の皮膚はとても薄いので血の色が透けて見えます。唇の血行が悪いと、血液自体も黒ずんでしまうこともあり、これが唇の色の悪さにつながりますので、唇の血行をよくすれば、それだけで唇の色もよくなります。

―方 法―
入浴時、湯船につかっている時間を使って、指の腹で軽く唇とその周りをタッピングしてみましょう。唇だけではなく周りもタッピングすることで、全体の血行促進をうながします。
タッピングの際は、指をしっかり温めてからやるのがポイントです。
・プルプルな唇を作る
魅力的な唇の代表的なのがプルプルな唇です。唇がカサカサで乾燥していたら、魅力度ゼロです。

カサカサな唇をプルプルな唇にするかというと、カサカサの原因である角質を取り除いてやればいいわけです。唇の角質は他の皮膚より薄く、ターンオーバーも早いので、角質を取り除くだけですぐにプルプルの唇になります。

角質を除去するには、市販されている”リップ スクラブ”などで簡単に取り除くことができます。自然派志向の方は下記の方法でも除去できます。

―方 法―
1. まずは、砂糖+水をペースト状にして唇にクルクルなじませて。
その後、綿棒でやさしくふき取れば、角質除去は完了!
2. ハチミツやワセリンなど、天然のクリームをたっぷりなじませて。
唇がしっかり潤って、さらに乾燥から守るバリア機能も果たしてくれます。

 

☆ 自然なピンク色のプルプル唇メイク法

さて、「スッピン唇の作り方」が出来上がりました。次は、モテモテ唇になる「自然なピンク色のプルプル唇メイク法」をご紹介しますね。

たった2つのことをするだけで、自然なピンク色の唇が完成します。是非チャレンジしてみてください。

STEP1 : 口紅(サーモンピンク)を塗る
①、口紅を濃い目に塗ります。
POINT:これでもか!という位、唇に色を馴染ませる。
②、ティッシュオフ
POINT:今度は、これでもか!という位口紅をティッシュオフします。

しっかり塗った後、口紅をオフすると、ワザとらしくなく自然に唇に色をだしてくれます。
これで自然なピンクくちびるは完成です。

STEP2 : 透明グロスを塗る
自然な唇を作ったのに、色付きのグロスはNGです。
透明グロスは、まるでガラスの様な繊細な輝きを放ちます。上下たっぷりとグロスをのせて、ピンク色のプルプル唇の出来上がりです。

 

☆ まとめ

案外簡単だったでしょう♪こんなに簡単に魅力的な唇ができるんですよ!やらない手はないと思いませんか?

男を魅了する最高の唇にするには、最後の「透明グロスを塗る」処で、「ヌレヌレ」を塗ってみてください。プルンプルンの唇にフェロモンの香りがプラスされ、心まで虜にしてくれますよ!

 

☆ フェロモンの香りでキスの罠を仕掛ける  キス専用美容液 “ヌレヌレ

ヌレヌレ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA