自宅でできる!美容室帰りのサラサラでツヤ髪になる方法

美容室帰りのサラサラでツヤ髪になる方法

サラサラでツヤのある美しい髪は、女性にとって永遠の憧れ。
髪が美しいだけで表情が明るくなり見た目も若々しくなります。

美容室に行った後は、髪が綺麗になって誰かに会いたくなりますよね!
そんな髪をいつでも自宅で再現できたら嬉しいと思いませんか。

目 次
☆ 髪を洗う前のブラッシング
☆ 予洗いで大部分の汚れが落ちる
☆ ツヤ髪になるシャンプーの方法
☆ トリートメントの効果を引き出す使い方

 

☆ 髪を洗う前のブラッシング

面倒でしょうがシャンプーをする前に、ブラッシングをするのとしないのではシャンプーの効果が違ってきます。

ブラッシングをすることで、髪の毛の絡まりや縺れを防ぐことができます。髪の毛が絡んだりも連れたりしているとシャンプーが髪の毛に行き届きにくくなり、シャンプーの効果が半減してしまいます。

特に髪の毛が長い人は、シャンプー前のブラッシングは必要不可欠です。

ブラッシングすることで、頭皮の汚れやフケを浮かび上がらせることができるので、シャンプーの際老廃物を頭皮から除去することができます。

また、頭皮の血行も促進するので抜け毛予防にもなります。

ブラッシングの仕方は、毛先から行い毛先をとかしたら順に上のほうをとかしていきます。

注意しておきたいのは、強いブラッシングは頭皮を傷つけるので、優しくブラッシングをするようにしてください。また、ブラッシングに使うブラシはシャンプー用のブラシを使用してください。

 

☆ 予洗いで大部分の汚れが落ちる

ブラッシングが終わったら、髪についた汚れや老廃物、整髪料を落とすためにお湯で予洗いをします。

お湯の温度は40度位の熱さのお湯を使いましょう。熱すぎるお湯は頭皮に刺激を与えるので注意が必要です。逆に水洗いは毛根の皮脂が溶けないので効果がありません。

髪の毛だけではなく頭皮までしっかりと予洗いすることで、毛根についた皮脂を落とすことができます。特にスカルプシャンプーを使用される方は、しっかりと頭皮まで予洗いをしてください。

 

☆ ツヤ髪になるシャンプーの方法

ツヤ髪になるシャンプーのポイントは、
・洗浄力で洗う時間を変えること
・汚れ具合で洗う時間を変えること
です。特にスタイリング剤を使った時は、洗う時間を長めに洗うようにしてください。

シャンプーの方法は、十分な予洗いが終わったら、余分な水気を取りシャンプー剤を手の平で泡立てて、耳の後ろ、後頭部、頭頂部に泡立てたシャンプーをつけて洗うようにしてください。

頭皮までしっかり洗いたい方は、頭皮についた汚れや皮脂をシャンプーの泡に溶かし込むよう丁寧に優しく洗います。 直接頭皮にふれるため、刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

洗う際は指の腹を使い丁寧に洗うようにします。指先に力を入れてゴシゴシと頭皮をこすると、頭皮を傷つけ抜け毛の原因になることもあるので、注意が必要です。

シャンプー後はしっかり洗い流します。洗い残してしまうと髪が傷んだり、頭皮を刺激してトラブルの原因となります。

後洗いを十分に済ませたら、軽くタオルドライをします。

 

☆ トリートメントの効果を引き出す使い方

トリートメント剤はたくさんつけたからといって、効果があがるわけではありません。製品ごとに決められた用量を守り正しく使うようにしてください。

トリートメントをする際のポイントは、
・髪に成分を揉み込むように、指で挟んで伸ばすように圧をかけること。

こうすることで成分が浸透するだけでなく髪がまっすぐになってツヤが出てきます。

注意しておきたいのは、トリートメント剤を頭皮につけないようにすることです。頭皮に擦りこんだり、伸ばしたりするのは厳禁です。

せっかく頭皮をきれいに洗った後に、余計な油分を与えてしまうことになります。毛穴をふさぎ、頭皮に細菌が繁殖したり、炎症の原因になったりします。

特に髪ダメージがひどい方は、トリートメント剤を髪につけた後、シャワーキャップをかぶり、5~10分ほどおきます。毛髪があたたまることでタンパク質の結合がゆるみ、トリートメント剤がより内部に浸透します。週に2回くらい行うと効果的です。

 

☆ ドライヤーでツヤ髪に!

自然乾燥は地肌を傷めたり、キューティクルを開いた状態にしてしまい髪の水分量を減少させてしまいますので、頭皮にも髪にもよくありません。タオルで充分に水分を拭き取った後、ドライヤーで乾かしてください。

ドライヤーは髪を上から下に適度にひっぱりながら乾かすようにします。これだけでもツヤが出ますが、さらにドライヤーをかけることで、ツヤツヤの髪になります。

髪はタンパク質でできています。タンパク質は熱を当てることで形を変える性質を持っていますので、ドライヤーをかけることで髪の表面が伸ばされツヤが出てきます。
ただし、あまり強い熱は変色を起こすので注意してドライヤーをかけてくださいね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA