30代で変わる髪質とは!?エイジング毛の悩み

エイジング毛の悩み

30代になって生えてくる髪の変化を感じていませんか?

20代には生えてこなかった白髪であったり、髪の太さが細くなったり、うねり毛の割合が多くなっり…。

一般的に年を重ねるごとにエイジング毛は増えていきます。「これってエイジング毛!」って思ったら、それは頭皮の老化が原因かもしれません。

目 次
☆ エイジング毛ってどんなの?
☆ エイジング毛になる原因
☆ 髪のエイジングケア

 

☆ エイジング毛ってどんなの?

若い頃の髪の悩みは、「傷んでいる」「パサつく」「髪の量が多い」「髪が広がる」など、ヘアスタイルが決まらない悩みが多かったのに対し、30代に入ると「髪が細くなる」「髪のボリュームが減る」「白髪が出てくる」「髪がうねり」「傷みやすい」「ツヤがなくなる」などの毛髪に変化に悩まされてきます。これがエイジング毛と言われるものです。

 

☆ エイジング毛になる原因

エイジング毛の原因は、髪質の変化だと言われています。

髪質が変化する原因は頭皮にあります。頭皮が老化することでエイジング毛が表れてきます。頭皮の老化の原因は、自然老化、光老化、乾燥老化などがあります。

自然老化とは年をとることで起こる内因的老化のことで、光老化は紫外線などの外因的老化のことです。乾燥老化とは体の内外の水分が不足することで起こる老化のことです。

 

☆ 髪のエイジングケア

エイジング毛の原因は、内・外因的老化が起因していますが、これは頭皮や髪だけの事ではありません。外因的老化は別として、頭皮の老化は体の老化。すなわち新陳代謝が下がることで進んでいきます。

新陳代謝を上げるには、栄養バランスや運動、規則正しい生活など生活習慣の改善が必要です。最も代謝力を上げる方法としては、体を動かして汗をかくことが一番です。

適度な運動することで血行が良くなり、汗をかくことで老廃物が排出され、基礎代謝が上がることで新陳代謝も上がります。

また、眠りには筋肉量による基礎代謝量をアップを助ける働きがあり、深い眠りのときの成長ホルモンが分泌され、筋肉を作るたんぱく質への合成する過程を助けてくれます。

頭皮に関して“土壌”である頭皮が健康でなければ、健康な髪は生まれません。理想的な頭皮は、弾力があってやわらかく、それを保つためには血行をよくする頭皮マッサージや、表情筋を鍛える顔ヨガなどが効果的です。

エイジング毛になったからと言って、頭皮や髪のことだけに気を取られずに、体全体のことを考える必要があります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA