女性特有の抜け毛や薄毛で悩んでませんか?

女性特有の抜け毛や薄毛

「最近、頭髪の分けめ辺りが薄くなった…」と悩む女性が増えています。
女性の抜け毛は男性みたいに、生え際や頭頂部周辺が薄くなるのに対して、髪の毛のボリュームダウンするのが特徴です。

その原因は、女性の場合休止期自体が長くなり、そのまま続く事で結果的に薄毛になってしまいます。発毛さえすれば髪は育ちます。

女性の抜け毛は誰にでも起こりえます。現在悩んでいる人も、今のところ関係がないという人も、原因と対処法を知っておきましょう。

目 次
☆ 甲状腺ホルモンが原因?
☆ 毛髪力をアップする
☆ 育毛剤を使用するときの注意点
☆ まとめ

 

☆ 甲状腺ホルモンが原因?

もともと髪の毛は一日に100本程度は抜けるとされていますが、甲状腺ホルモンが減少する事が原因で毛髪が抜ける方の場合、一日に300~400本程度抜けるといわれています。

○ 甲状腺ホルモンの役割は
・毛髪を成長させる細胞を活性化させる。
・骨を作る。
・心臓を元気にする
・血液を作る
・皮膚を再生
・体温の維持
などがあります。

このホルモン減少には病名があり、正式名称は「甲状腺機能低下症」と言うもので、主な症状として脱毛や疲労感、寒がり、むくみ、太るなどがあります。

もともと、甲状腺機能低下症は女性がかかりやすい病気で、女性と男性の割合は、女性が男性の3倍です。甲状腺機能低下症の原因は、ヒアルロン酸が増えすぎることで起こってきます。

 

☆ 毛髪力をアップする

毛髪力をアップする方法として、一般的におこなわれているのが頭皮マッサージです。

マッサージで頭皮の血流を良くし、細胞に栄養を運ばれやすくし、細胞の生まれ変わりを早くする効果があります。

頭皮マッサージの方法には、指の腹を使ってマッサージする方法と、爪を使ってマッサージする方法があります。

○ 指の腹を使ってマッサージする方法
1:髪の生え際を、指の腹を使って全体的に回すように20~30回マッサージ。
2:ある程度圧力を加えるように、髪の生え際全体的に行うようにする。

○ 爪を使ってマッサージする方法
1:人差し指の爪を頭皮に直角にたてて刺激する。
2:頭頂部を中心に後頭部部分、側頭部部分と爪を動かすようにマッサージする。

マッサージのコツはあまり力を入れすぎない程度に押すことです。
毎日こつこつ続けることで、薄毛予防になりますから是非取り入れてみてはどうでしょう。

また、髪のボリュームを復活する方法として、
1:まず、つむじの髪の根元を霧吹きなどで濡らす。
2:つむじの根元の髪を起こす。
つむじの根元を左右に倒しながらドライヤーで乾かす。
5回くらい左に引っ張りながら乾かす。
今度は右に同じく5回、引っ張りながら乾かします。
3:手ぐしで自然になじませる。

つむじ周りをおこす事で髪にボリューム感ができ、髪の毛全体もキレイにまとまります。

 

☆ 育毛剤を使用するときの注意点

男性用の育毛剤は数多く市販されていますが、女性用となると数も少なく「男性用育毛剤が効果がありそう!」と思って、「男性用育毛剤を使ってみよう。」なんて思わないでください。

冒頭でも紹介したように、男性と女性の抜け毛の原因はまったく異なります。男性の抜け毛(薄毛)の原因は男性ホルモンの影響を受けていて、女性の抜け毛(薄毛)の原因は男性ホルモンの影響を受けているのが主な原因です。

このように、男性と女性とでは抜け毛の原因が異なるため、育毛剤の内容成分も異なります。男女兼用で使用できるタイプもありますが、男性用と女性用の育毛剤の違いを理解しておいてください。

女性が男性用育毛剤を使用すると、副作用で髪の毛以外の毛髪が伸びたりしますので、男性用育毛剤の使用はしないでください。

女性用育毛剤で代表的なものではM-1ミスト(女性向け)があります。
M-1ミストの最大の特徴は、完全無添加・無香料・無着色で、頭皮・髪の毛への安全性の高さが高く評価されています。さらに独自の技術で低分子化した成分が髪の毛の細胞の奥まで届き、細胞そのものを活性化させることで発毛するという育毛剤です。

M-1ミスト

 

 

 

☆ まとめ

季節の変わり目に抜け毛が増えても、あまり神経質にならないようにしましょう。
それがストレスになって血流が悪くなると、更に抜け毛を招きかねません。まずは様子を見て、抜け毛の増加が2~3カ月も続くようなら、頭髪の専門医に診てもらってね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA