知ってたようで、知らなかった女性ホルモンのお話し

知ってたようで、知らなかった女性ホルモンのお話し

女性のカラダとココロに大きな影響をあたえる女性ホルモン。
でも、知っているようで意外と知らないことも・・・。

今回は、“女性ホルモンを制する者は美を制す”と言っても過言ではない程、大切な女性ホルモンについてです。

目 次
☆ エストロゲンとプロゲステロンのお話し
☆ 肌のゴールデンタイムに増加するホルモンは?
☆ 恋と女性ホルモンのとの関係とは?

 

☆ エストロゲンとプロゲステロンのお話し

女性ホルモンといえば、代表的な「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つのホルモン。この2つの女性ホルモンが主に卵巣でつくられていることをご存知の方は少ないと思います。

この2つの女性ホルモンうち、女性らしさのベースとなるのがエストロゲン(卵胞ホルモン)。別名「美肌ホルモン」ともいわれるホルモンです。

「エストロゲン」は思春期の頃、大量に分泌され乳房が膨らんだり月経が始まったりします。「エストロゲン」の量が多ければ多い程、女性的な顔立ちになるそうです。また、コラーゲンやヒアルロン酸の産生を促し肌の弾力を保って、新しい皮膚を作り出す作用も。女性らしい豊満な体つきもエストロゲンのおかげです。

現代女性はストレスとハードな仕事のせいで「エストロゲン」の分泌が減っている人が増えています。「エストロゲン」を増やすには、「植物性エストロゲン(大豆類、ザクロ、山芋等)」を含む食品を積極的に食べるたり、アロマテラピーで嗅覚を刺激するのも効果があります。

一方プロゲステロン(黄体ホルモン)は、多くの女性が最もバランスを崩し易く、不足しがちなホルモンです。月経周期の排卵後に卵巣で産生されるステロイドホルモン。

プロゲステロンは、別名「ブスホルモン」とか「母なるホルモン」と呼ばれるホルモンです。なぜそう呼ばれるかというと、子宮を妊娠の準備をするように変化させ、月経周期を決めて、もし妊娠が起こった場合には、出産までの間、妊娠を維持させる役目を果たしたりしますが、普段は身体に水を溜め込みやすくするため、むくみや便秘を引き起こしたり、皮脂の分泌を促してニキビの原因になることもありますし、メラニンの産生を増やすため、シミや肝斑を増加させたりします。

妊娠期にはとても重要な働きをするため「母なるホルモン」と呼ばれ、普段は体や美肌に厄介な一面を持つため「ブスホルモン」と呼ばれています。

 

☆ 肌のゴールデンタイムに増加するホルモンは?

「22時~2時は肌のゴールデンタイム」とよく言われていますが、この「ゴールデンタイム」に増加するホルモンを「エストロゲン」と思われている方も多いと思います。

「ゴールデンタイム」に増加するホルモンは、「成長ホルモン」であって「エストロゲン」ではありません。エストロゲンを含む女性ホルモンには日内変動はありません。

ではなぜ22時~2時をゴールデンタイムというかというと、この時間帯は肌のターンオーバーが活発になる、つまり肌が生まれ変わる、まさに肌にとって欠かせない時間なのです。ですから、睡眠中は「成長ホルモン」を増やすことが美肌のカギを握になってきます。

成長ホルモンは脳の下垂体という所から分泌され、役割は「傷ついた細胞の修復」。日中浴びた紫外線やストレスで傷ついた皮膚の回復を促し、肌にハリと潤いを取り戻してくれるホルモンです。

成長ホルモンを増加させるためには「ゴールデンタイム」に睡眠に入ることですが、そのためにはベッドに入る2~3時間前に半身浴や入浴などで身体を温めることです。人はやや体温が下がってくると眠気を感じるので、スムーズに入眠できます。

 

☆ 恋と女性ホルモンのとの関係とは?

よく女性は恋をするとキレイになるといわれていますが、残念ながら恋をすることで、分泌されるホルモンというのは存在しません。

恋をすることで、脳内で「ドーパミン」や「セロトニン」といった脳内伝達物質が増産されます。ドーパミンには、細胞の代謝を活性化する作用があり、肌のターンオーバーが正常化され、肌が美しくなります。恋をするとキレイになるのは、ドーパミンやセロトニンのおかげだったんです。

さらに、脳内伝達物質は脳内の視床下部と呼ばれるホルモンの司令塔に働きかけ、下垂体を経て女性ホルモンを作れという指令が卵巣に伝わると、エストロゲンの産生が増産されます。だから恋をすると、ドーパミンやセロトニンのおかげで、エストロゲンが増えてさらにキレイになるということになります。

また、幸せホルモンとして知られている「オキシトシン」。
オキシトシンは、下垂体後葉から分泌されるホルモンで、分娩時に子宮を収縮させたり、母乳の分泌を促す作用がありますが、男女のスキンシップでも増加します。

このホルモンは精神の安定をもたらし、寛容になる働きもあるので内側からのキレイに一役買っているかもしれません。

 

知ってたようで、知らなかった女性ホルモンのお話し。いかがでしたか?

正しい知識は身を救う!といいます(?)。
間違った知識では望む結果は得られません。
同じ知識なら正しい知識を身に付けたいものです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA