私、ニオってる?生理の臭いが気になる…

生理中の臭い

ツライ生理痛でただでさえ憂鬱なこの時期に、生理のニオイが気になってさらにブルーになるという方も多いのでは?

ナプキンを取り替えるときなど、自分自身が感じる臭い。さらには、トイレを出るとき自分の生理の臭いが残っていないか気になる。ふと汗ばんだとき、自分の臭いが強くなったように感じて、仕事に集中できない…。そんな人が多いようです。

思えば、生理の臭いをやわらげる方法は、生理用品をこまめに交換する以外に何をすればいいのでしょうか。

目 次
☆ 生理中の臭いの原因
☆ 生理中の臭い対策
☆ まとめ

 

☆ 生理中の臭いの原因

生理時の出血(経血)は子宮内膜、血液、粘膜、膣や子宮からの分泌物、酵素が混じってできています。

経血自体は体内から出たときはほとんど臭いはありません。しかし、経血が空気に触れることで雑菌が繁殖し、時間が経過すると臭いが発生してきます。これが生理中の臭いの原因です。

 

☆ 生理中の臭い対策

女性のデリケートゾーンは複雑な構造をしていて、高温多湿になりやすい部分です。その為、どうしても汚れが溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。

更に、生理中はナプキンで覆われているため、通常よりさらに高温多湿の状態になります。

経血自体は無菌ですが空気に触れることで雑菌が繁殖。雑菌が繁殖することで、かゆみや臭いが起こりやすくなります。

○ ムレを防いで臭い対策

経血が空気に触れることで雑菌が繁殖し、デリケートゾーンの臭いが発生します。経血は3時間程度で雑菌が繁殖するといわれています。

最近のナプキンは吸収性が高く高品質なため、取り換える頻度がどうしても長くなりがちですが、雑菌を繁殖させずにデリケートゾーンを清潔に保つためには、こまめの交換を心がけるよう気をつけましょう。

ムレにくいタイプのナプキンもありますが、ムレやかゆみが気になる方は、綿でできた布製のナプキンを使うのもひとつの対策です。

また、生理中は通気性のよい服を着るように心がけると良いでしょう。

○ 優しく洗って清潔に

デリケートゾーンを洗う場合は、洗い方にも注意が必要です。臭いが気になるからといって、石けんやボディシャンプーを使ってゴシゴシこすりすぎないように気をつけましょう。

デリケートゾーンは皮膚がとても薄いので、刺激に弱く傷つきやすい部分です。石鹸やボディーソープを泡立てて、優しく手で洗うようにしましょう。

ただ汚れがたまりやすく残りやすい部分でもあるので、泡をつけるだけでは汚れは落ちません。指の腹を使って丁寧に洗うことが大切です。

熱いお湯は刺激になるので、ぬるめのお湯で流すようにして下さい。

前の方から陰毛、陰核、会陰部分と洗い、最後に肛門を洗うようにします。ただ、洗いすぎることで本来備わっている自浄作用を持つ常在菌の働きが低下し、ガードネレラ菌、ブドウ球菌などの有害な菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

経血はアンダーヘアにも付着します。アンダーヘアに付着した経血は、自宅に帰るまできれいに洗い流すことができないため、臭い続ける原因になります。

あらかじめアンダーヘアを少なく処理しておくことも、臭いを軽減できます。

 

☆ まとめ

デリケートゾーンの臭いはやはり気になるもの。他の人に臭いが気づかれていないか心配になる方もおられると思います。

あまり極端に、自分の生理の臭いに神経質になり過ぎる必要はありませんが、デリケートゾーンの臭いには日ごろから注意するのが、心配りのできる素敵な女性なのかもしれません。

女性ならアンダーヘアの処理専用カッターや、デリケートゾーン専用の石鹸などでケアして、気にしない状態をキープしたいものです。

おりもの洗い流してさっぱり!
ジャムウ・デリケートパックdelicatepack
アンダーヘア専用ヒートカッター
Vライントリマーlavu

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA