セックスのときに感じる痛み『性交痛』

「性交痛」という言葉を知ってますか?
「性交痛」とは、セックスのときに感じる痛みのことを言います。挿入時や激しい刺激があったときに起こる、あの痛みのことです。

厳密に言うと、性交前、性交中、性交後に感じる「セックス時の痛み」のことで、痛くて最初から挿入できない、性交中に軽度の痛みがある、性交後まで痛みを引きずるなどケースは人によってことなります。

挿入時の痛み、セックスの後に痛みなど、セックスで苦痛を感じた経験がある女性は意外と多いみたいです。

性交痛

性交痛の症状

「性交痛」には、膣入口の痛みと、奥の痛みがあります。

膣入口の痛みの場合、病的ではない場合が多いです。十分に濡れていない状態で無理に挿入するなどで、傷ついて痛む場合などもありますが、中には子宮内の病気や感染症の場合があります。

また、挿入時に膣の奥を突かれると痛い(深部性交痛)、激痛が走るなどの場合は、深刻な女性の性疾患の場合があります。

 

性交痛の原因

○膣入口の痛みの場合

・ 前戯が不十分である場合
前戯が足りないため潤滑が不十分のまま挿入されると、摩擦が生じて痛みが生じる場合があります。ただし妊娠中や産後は女性ホルモンが不安定であり、膣が濡れにくくなることがあります。

・外陰部、膣の炎症
若い人ではカビなどの感染や性感染症が原因であることが多く、閉経後ではホルモン不足のため性器が萎縮が原因でおこることが多いです。

 

○深部性交痛の場合

・子宮内膜症:性交痛以外に月経痛や排便痛などがあります。
・骨盤内感染症:発熱や性交するまでもなく痛いことが多いです。

外陰部、膣の炎症の場合は、婦人科を受診してください。また、深部性交痛の場合、子宮筋腫が子宮の後面にできていて、性交時にここにあたるために痛む、子宮やその周辺で炎症を起こしているため、あるいはそれに伴う癒着があるなどで性交痛を感じるということも考えられます。

この場合、堕胎の経験が在る方は特に注意が必要で、癒着が原因で痛む場合には不妊症との関連もありますので、必ず産婦人科を受診するようにして下さい。

 

性交痛の予防

前戯が不十分である場合の性交痛は我慢しない事です。我慢を続けているとセックスで濡れにくくなり、性欲が低下することもあります。さらに悪化すると不感症やセックスができなくなってしまう恐れもあります。

濡れにくいと思ったら、パートナーから十分に前戯をしてもらって、膣が潤ってから挿入するようにしてください。またローションなどの潤滑液を使用するのも対策の一つです。

性交に対して恐怖心を植え付けない事が一番大切なので、迷わずローションや潤滑ゼリーを使用してください。

痛みをずっと抱えたままでは、楽しいはずのセックスが、辛く大きな苦痛へと変わっていきます。やがて性欲も低下し、精神的に感じにくくなってしまうことも少なくないのです。

ラブコスメ リュイール」は女性の「濡れにくい」「感じられない」などのデリケートな悩みをサポートします。女性に潤いを与えるハーブを使用し、デリケート部分の感度を目覚めさせ、スムーズに導いてくれます。性交時の痛みを精神的恐怖心まで発展しないようにして下さい。

 

濡れない…悩まないで!

女性の身体はとてもデリケートです。疲れていたり、精神的ストレス、久しぶりのセックスなど、男性が勃起しないと同じように、女性も濡れにくくなることもあります。

理由は色々あるにせよ「濡れない」ことで、彼への罪悪感にとらわれたり、自己嫌悪に陥ったりしてませんか?

でもこれって当たり前のことです。殆どの女性は「濡れない」経験をしています。逆にいつでもOKの方が難しいことなので心配はいりません。

濡れない時は、パートナーに長い愛撫をお願いして、身体も心もリラックスしたらきっと大丈夫です。パートナーに言えない時は、「ラブコスメ リュイール」をトイレでひと塗りして、ベットイン!です。

リュイール

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA