キスと口臭

キスのとき、気になるのが口臭。口が臭いと百年の恋も冷めてしまうもの。

キスする前ってドキドキして、余計に口臭が気になってしまいませんか?

そんな気になる口臭。原因は口の中にいるバクテリアが原因なのはよく知られていることですが、それ以外にも、歯石、虫歯、歯周病、糖尿病、蓄膿症、鼻炎などの病気も隠れている可能性があります。

また、女性の場合、人によって生理の時やその前後に口臭がすることがあります。生理時の体調不全から自律神経系の働きのバランスが悪くなる可能性と、血液中のホルモンバランスの変化だといわれています。また、妊娠時も、妊娠に伴う妊娠性歯肉炎や、血液中のホルモンバランスの影響が考えられます。

今回は一般的な口臭のケアについて、特にデートの前にやるべき口臭ケアをご紹介します。
まずは、なぜ口臭がするのか?その原因についてです。

キスと口臭

なぜ口臭がするの?

口臭の原因は、口の中にいるバクテリアがつくりだすガスが原因です。バクテリアが一番繁殖しやすいのが、乾燥した状態の口です。

キス前の緊張した時など口の中が乾燥するので、バクテリアが繁殖しやすい状態になっています。それ以外にも起きたての状態もバクテリアが活動しているときで、口の中が少し粘りを感じるのはバクテリアの活動が活発だからなんです。

ちなみに、寝起きの状態がバクテリアが一番繁殖している状態で、臭いは肛門よりバクテリアが多いといわれています。

 

キスする前に心がけたい口臭ケア

・舌の状態のチェック&ケア

舌に白っぽい~黄色の苔がはえていませんか。これが口臭の元です。もし見つけた場合は、専用の舌ブラシで除去してください。市販の歯ブラシでやさしくこすることである程度除去することも可能ですが、ゴシゴシするのは味覚低下の恐れがあるので注意してくださいね。

 

・たくさん唾液をだす工夫
口の中が乾いていると唾液が分泌されにくくなり、それが原因で口臭が発生することもあります。なので、口内は常に潤っている状態にしておきましょう。

唾液はとても身近で効果的なブレスケアアイテムです。習慣づけとして柑橘系の果物を食べるようにしたり、食事はよく噛んでたべるようにしたりするとサラサラした良い唾液がでるようになり、口臭予防ができると言われています。即効性を期待するならガムを噛むのも良いですね。

 

・虫歯や歯槽膿漏を治療する
虫歯はもちろん、歯槽膿漏は臭いの原因になることが多いです。歯槽膿漏のサインは歯がグラつく、歯茎がブヨブヨする、出血する、更に歯茎から膿のような臭い液がでてくるので、口臭の原因になります。

定期的に歯科医院で検診を受けておくのもいいですね。

 

・食後はガムやタブレットでケア
男性との楽しいディナーデートの後、キスを期待しますよね。それに備えて食事の後は、必ずガムやタブレットでケアしましょう。

96535このサイトでご紹介している“ペロペロ ラブリーミント”は、舌の上で転がすだけで、口臭だけではなく、唾液の臭いや舌のザラザラもなくなる、お口のエチケット用タブレットです。

キス前に転がすだけで、甘いながらもスッキリとした美味しい吐息で、彼にも好印象を与えるはずです。

いつ大切な男性と接近線になるかはわからないもの。毎日さりげなく口臭対策を行っておけば、急なデートでも自信をもって自分をアピールできるはずです!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA