性交時の性交痛の痛み…エッチが嫌いに!

性交痛

SEXでペニスを挿入した際に感じる痛みを「性交痛」といいます。
性交痛の原因にはさまざまな要因があり、ひとつの要因だけでなくいろいろな要因が絡まり合っていることもよくあります。

性交痛の痛みを大きく分けると、性交時に入り口付近の痛みと、膣の奥の痛みがあります。

目 次
☆ 性交時の痛みの種類と原因
☆ 心理的原因による性交痛
☆ 女性ホルモンが少ない
☆ 性交痛がひどくなると

 

☆ 性交時の痛みの種類

冒頭でも記載したように、性交痛はペニスが挿入される際に感じる痛みです。痛みには大きく分けて「入口部性交痛」と「深部性交痛」があります。

○ 入口部性交痛

性交時に入り口付近の痛みは、病的な要因がない場合が多いようです。原因としては下記のようなことが考えられます。

・濡れていない状態で、無理やりの挿入などで傷ついて痛い場合。
・外陰部や膣に傷がある場合。
・更年期、不規則な生活等によりうるおい不足の場合。

等があるようです。ほとんどのケースは潤滑油不足と考えられるため、ローション等を利用することで改善されるケースが多いようです。

⇒潤い不足による「性交痛」に“リュイール”がおススメです。

○ 深部性交痛

挿入時に膣の奥を突かれると痛い、激痛が走る、などの場合には、まず子宮内膜症の存在が疑われます。

子宮内膜症の場合、性交時だけではなく、生理痛や排便時の痛みなどもあわせて起こります。
また、骨盤内での感染症は性交渉がない状態でも痛みがあります。これらの場合は婦人科の受診が必要です。

 

☆ 心理的原因による性交痛

心理的な原因としては性交に対する不安や恐怖、嫌悪などがあると腟潤滑液の分泌が少なくなる場合があります。
妊娠中の女性では、例えば妊娠中の性交は赤ちゃんに悪い影響をもたらせるのではないか?とか、妊娠中に性交をすると流産してしまうのではないか?といった精神状態が原因となって膣粘液の分泌がされにくくなり摩擦による痛みが起こる場合もあります。

性交痛が起きる状態のときに膣けいれんを起こすこともあります。膣けいれんは、本人の意思とは関係なく、腟の筋肉が無意識に強く収縮するために起ってしまうため、性交時に痛みがおきます。
膣けいれんは「セックスは痛い」という心理的トラウマで起こしやすくなります。

 

☆ 女性ホルモンが少ない

女性ホルモンには膣の粘液を出す役割があります。閉経などにより女性ホルモンが減ることで、この膣の粘液も減ってしまうため、性交時に滑りが悪くなり痛みを起こしやすい状態になります。

ただ、こういった女性ホルモンの影響は閉経だけに限りません。

婦人科の病気で女性ホルモンの量を少なくするホルモン療法を行った場合も、閉経と同じような状態を作るので、膣の粘液が減りやすくなります。

また、妊娠中や産後も女性ホルモンの状態が通常の状態とは違うので膣の粘液がでづらい状態になりやすいです。これがきっかけとなり産後に膣の粘液が十分にでないことで痛みも起こりやすくなります。

 

☆ 性交痛がひどくなると

性交痛があれば、性的興奮が起こりにくくなり、また膣潤滑液が出にくくなるので、さらに痛みが強くなるという悪循環におちいります。これによりさらに性欲が低下することになります。

そればかりか性交痛が引き金になって、性交不能や性感異常(不感症など)になることもあります。

 

☆ まとめ

このように見てみると、性交時に奥に痛みがある場合などを除き、多くの場合は膣潤滑油不足が大きな原因と言えます。

性交痛でお悩みの方はあなただけではありません。
性交不能や不感症になる前に、性交痛を和らげるローション(潤滑油)や潤い不足によい“リュイール”を塗って、セックスライフを充実しましょう。

ローションハーバルローション・ホット リュイールリュイール

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA