夫婦のセックス

夫婦生活のセックスのお悩み、何とかしたい!

第1位 ”セックスレス”

いっしょに暮らしていると、眠かったり気分が乗らなくて、セックスの誘いを断ってしまうことがあります。
断られた側はとても寂しい思いをして、遠ざけられたような気分になり、自分のことを否定されたように感じて、自信を失ってしまうこともあります。

それくらい、セックスの問題はデリケートなのです。セックスレス状態のときは、言葉や仕草で愛情を示し、時にはこちらからも誘ってみてくださいね。

第2位 ”マンネリ”

セックスがパターン化して、いつも同じ流れになってしまい、物足りない気持ちになりがちです。現実問題としては、マンネリを解消するための努力が大切。

ご夫婦の方は、お子さんを預けて、たまにはデートをしてみませんか?ロマンチックな気分になれる場所、演出などを工夫してみましょう。

第3位 ”Hのコミュニケーション”

セックスについての不満やストレスは、なかなか言い出すことができません。カップルにとっては一番大事なことなのに、相談しにくいジャンルになっていますね。

でも、不満やストレスをそのままにして、ため込んでしまうのはNG。遠慮しないで、自分の思ったこと、感じたことを、相手に伝えましょう。

自分の気持ちを、素直に伝えあうことのできるカップルは、すべての面においてコミュニケーションが良好です。

第4位 ”早漏・遅漏”

「早漏」は、本来は勃起したペニスを膣に挿入する前に射精してしまうことですが、一般的には膣に挿入して2分以内、パートナーが満足できる以前に射精してしまうことをいいます。
原因は不明で、薬による効果的な治療法はありません。泌尿器科では、「射精しそうになったらペニスを外に出し、落ち着いたら再挿入する」という行動療法などを指導しています。

セックスの素晴らしい所は、「自分のすべてをさらけだして、それをパートナーに受け入れてもらえる」ことにあります。夫婦で力を合わせて、自分たちのセックスを素敵なものにしてくださいね。