セックスの時の痛み 性交痛

セックスの時に痛みを感じたことは?

「性交痛」とは、セックスのときに感じる痛みのことを言います。挿入時や激しい刺激があったときに起こる痛みです。

性交痛の原因は、膣潤滑の不足が主な理由であると言われています。

女性のカラダはとてもデリケートです。疲れているとき、久しぶりのHのとき、精神的にまいっているとき…、男性が勃たなくなってしまうように、女性も濡れなくなることがあります。

中には、セックスの時間が長過ぎて、乾いてきてしまうなんてこともあるようです。

性交痛とひと言っても、セックスのときに膣の入り口付近が痛む場合には、病的ではない場合が多いです。十分に濡れていない状態で無理に挿入することで、傷ついて痛む場合もあります。

挿入時に膣の奥が痛い、激痛が走るなどの場合、まず子宮内膜症の存在が疑われます。

挿入時に膣の奥が痛い!

膣の一番奥、子宮のうら側にあたる部分にはダグラス窩という場所があり、ここは子宮内膜症の好発部位です。

ここに内膜症病変があると、性交時にこの場所を刺激されて痛みを感じることになります。

また 、子宮筋腫が子宮の後面にできていて、性交時にここにあたるために痛む、子宮やその周辺で炎症を起こしているため、あるいはそれに伴う癒着があるなどで性交痛を感じるということも考えられます。

後者については堕胎の経験が在る方は特に注意が必要で、癒着が原因で痛む場合には不妊症との関連もありますので、必ず産婦人科を受診して下さい。

性交痛を我慢しつづけると、無意識に腟の筋肉が収縮することがあります。膣の筋肉は収縮すると、さらに痛みが増す場合があります。とにかく性交痛を我慢しないこと。

ローションで挿入時の痛みをやわらげる

そのようなときは、ローションや潤滑ゼリーの使用がお勧めです。
セックスとは本来、お互いを思いやるからこそ気持ちがいいものです。女性だけが痛いセックスを我慢しているのは、問題だと思いませんか?

痛みをずっと抱えたままでは、楽しいはずのセックスが、辛く大きな苦痛へと変わっていきます。やがて性欲も低下し、精神的に感じにくくなってしまうことも少なくないのです。

普段メイクをするとき“潤いが足りないから保湿”するのと同じように、ローションや潤滑ジェルを使用するのは、ごく自然なことなのです。そうすることで、セックスや性交痛への不安が和らぎ、心がリラックスした状態になれてこそ、本当に感じられるセックスができるのだと思います。